th_c03a8896.jpg renov_banner.png img20191114014941406168.png

-3253224866555399626_img_2191.jpg -4246053797515134583_img_2193.jpg code003.jpg th_c03a8896.jpg th_c03a8911.jpg th_c03a9038.jpg th_c03a9051.jpg 403-0003.jpg img20200121140817255567.jpg 505.jpg 405-0001.jpg 402.jpg 502.jpg 303.jpg 302-0001_20200121133823654.jpg 501-1.jpg 401.jpg 302-0001.jpg 301-3.jpg img_2660.jpg 403-0001.jpg shelteropusmiyako4.jpg c-4.jpg shelter_opus_miyako_btype.jpg

「GRCの基本的な考え方と費用について」

 「デザインと機能性の共存」
 
リノベーションと言っても、様々なシーンがあり、その用途によって、構築するものは違います。また予算もありその中何を優先的にするかが重要になってまいります。
 

賃貸マンション経営、
   事業用テナントの未来

弊社がよく携わる賃貸マンションやテナントデザインにおいて、予算組を考えることは非常に重要になってきます。
間違った予算は、家賃やテナントで言えば改装費の回収期間など、あらゆることにその影響は及ぼします。
また、予算をかければ必ず満室になるという神話は終わりました。
インターネットで検索すれば、どれもいい部屋で機能性はどれも高いグレードになってきており、それでも満室にならないケースも出てきています。
 
その中で、我々は「+DESIGN」という考え方を取り入れ、付加価値を盛り込み、素材や機能性は当然重要でありますが、当たり前にあるものは、安価なものでもいかにかっこよく見せるかということを考え、予算のカテゴライズをしっかりし、失敗しない空間作りを構築しております。
 

持ち家などのマイホーム

 

現在日本では住宅の老朽化が進み、社会問題にもなりつつあります。
そんな中、持ち家など、その建物も築年数により、リノベーションの考え方は変わってきます。
 
築があまりに古くなると建物の構造から見ていく必要性があります。昨今の住宅は、ベタ基礎や屋根もガルバ素材を仕様したなど、基礎の強化と屋根の軽量化が行われており、在来工法においても、盤石な構築をしているものが多いですが、昔は屋根が瓦であるため、その荷重が木造にかかってきます。
また、その木造の状態も精査し、シロアリなどによる腐食なども見なくてはいけません。また、耐震強化と一言で言っても、しっかりと耐震診断を受け、それに基づき、設計士と連携をとり、工事に着手する必要性があります。
 
 第二に、「水道配管」です。
デザインばかり、あるいは内装は綺麗にしたけど、水道配管は古いものを
使っていると根本的なインフラはよくなってません。私どものお客様でも、リフォームを頼んだけど、配管が古く破裂したので、またお部屋を解体しなければ。。。とご相談に来られる方がいらっしゃいました。
 当然ながら、予算や天災により絶対的に避けることはできないのですが、リノベーションなどを計画する上で、子孫へ受け渡す住宅をしっかり精査し予算ぐみをする必要性があります。
 
 第三で「デザインと機能性」です。
日本で多い工法は在来工法ですが、多いにはわけがやはりあり、メンテナンス、通気性のよさがあるからではないかと個人的には考えてます。
その中で、10、20年見据えた空間作りというものも考えなければなりません。
よく子供が大きくなったので一部屋増やしたいなどご相談いただきますが、そういった未来の計画をしっかり立て、住宅は保守管理する必要性があります。
 
まとめとして、空間というものは場所や使用用途によって、様々な提案が必要となります。工事に着手する前にしっかり計画を立て、満足いく空間作りができるよう弊社では「営業」ー「プランナー」ー「デザイナー」ー「設計」ー「現場施工管理」というスクランブルを組み、常にベストな空間が作れるよう組織しております。

pattarn0001

 pattarn0002

TO HOME

4c3a0611.jpg 4c3a0568.jpg 4c3a0631.jpg 4c3a0502.jpg 4c3a0526.jpg

TO MANSHION

img20191114152259389231.jpg img_1000.jpg img20191114152258501559.jpg img_1010.jpg img_6793.jpg img_6894.jpg img_7063.jpg img_7059.jpg img_7076.jpg 002.jpg mini_img_7061.jpg mini_img_7060.jpg mini_img_7077-2.jpg 057.jpg img_4956.jpg img_6317.jpg 1200img_4911.jpg img_6325.jpg img_6327.jpg -387776575294643266_img_2186_small.jpg

TO TENANT

th_img_1049.jpg th_img_1064.jpg th_img_1113.jpg th_img_1119.jpg th_img_1145.jpg th_img_1130.jpg th_4c3a5080.jpg th_4c3a5112.jpg th_4c3a5165.jpg selene0001.jpg th_c03a8880.jpg th_c03a8898.jpg th_c03a8946.jpg th_c03a8980.jpg th_c03a9038.jpg th_c03a9043.jpg

MEMBERS

 

KOUICHI MINENO
代表取締役
DESIGNERS
 

TETURO HIROTA
取締役常務
SERVICE
 

MITUKO HASAMADA
主任
DIRECTOR

MAP