すべての喜びを獲得する

 

 

 弊社は不動産業を中心に多くのサービスを提供させていただいております。
代表である峯野は、不動産業務をスタートとした際、入居率の悪い物件が多くあることに着目し、不動産オーナー様の方々へ何か有益な改善方法を提言できないかということを、探求しました。
 
 ずっと音楽やアート制作の仕事をしていた経験を経て、当時「住空間はありきたりなものが多く、お客様が驚くようなデザイナーズマンションをブランディングしてビルのステータスを上げることはできないか」ということに気づきます。
 入居率が悪い物件は、ほとんどが室内に何らかの劣化状態がひどく、改修工事によって修繕する必要があるものがほとんどであり、原状回復という考え方ではなく、現状を超える空間を作ることを考え、部屋作りに挑むことを決心します。
 

「opus=作品番号」

 
 空間デザインを構築する上で重要な考え方は、「個性」という概念を重要とするとともに「時代」のトレンドにハマりすぎない独自の空間デザインの提案することを大切にしました。
 
 いくらいい部屋を作っても、施工や清掃が甘ければ、すべてが壊れてしまます。施工をしっかりし、清掃をしっかりし、ご案内する営業スタッフが丁寧にご案内する。そのすべてが、弊社の作品ととらえ、関わるすべての人にそのアイディンティティを持っていただき、1つの大きな消耗品ではない商品が誕生すると考えています。
 
 よって、弊社商品のあらゆるネーミングには、 「opus」 という言葉が刻まれています。

 


 

 

私たちが不動産を通じて提供するもの

 
G
「Gadly=喜んでいただく」
R
「Real estate=不動産を通じて」
C
「Capital=増やしていただく」
 
入居されるお客様、大切な物件を預けて頂くオーナー様、投資家様などに、不動産に付加価値をつけ、喜んで頂くことを基本方針と致しております。

 また、当社管理物件について、入居率のアップ、入居満足度のアップを基盤構築を致しております。

家賃収入を上げるノウハウと致してまして、いかに不動産をプレミア投資物件にするかということにあります。物件を所有するということは、同時にコストをかかえるということも意味します。入居率が、悪化するとその収益と支出のバランスがとれなくなり資産運用が困難になってきます。
 
いかに、お客様のニーズに応えた部屋作りをするか?また、それに伴った入居募集•管理をするかが、成功する不動産投資の軸となってまいります。

「家賃を下げれば」「リフォームをすれば」「管理会社に任せてるから大丈夫」
そういった時代は、終わりました。

さぁ是非一度弊社へご相談くださいませ。
 
わたしたち、チームGRCが、心よりお待ち申しております!